APOTEC

APOTEC

かかりつけ薬剤師制度

かかりつけ薬剤師制度

かかりつけ薬剤師とは、お薬の服用・管理のことをはじめ、
体調や食事の管理など健康全般の相談ができる薬剤師を持つことを意味します。
薬の専門家である薬剤師が患者さま一人ひとりの服薬状況や体調の変化を把握し、他のお薬との飲み合わせや
副作用などの相談、健康全般のアドバイスなどを行います。 また、処方医師とも連携し、必要に応じて
医師に報告・相談することで、その患者さまにとって最適となる薬による治療を目指していくものになります。

服薬情報の一元的な把握とそれに基づく薬学的管理・指導

担当の薬剤師が、他の医療機関や薬局で受け取った薬や市販薬・健康食品やサプリメントなどをまとめて把握して、重複した薬が出ていないか、薬同士や薬と食品の相互作用が出ていないかなど、薬の服用に際して注意点などをアドバイスします。また、余っている薬が多数ある場合、次回の処方調整を提案したり、薬の確認・整理を行うこともあります。

かかりつけ医をはじめとした医療機関等との連携強化

来局いただいた際に、過去の服薬記録も含めて、患者さまの服薬後の経過を継続してチェックしていきます。患者さまの薬の効果や体調の変化をみて、必要に応じて医療機関へ連絡も行います。

24時間対応、在宅対応

患者さまの服薬状況を良く理解した薬剤師として、薬や健康維持に関するご相談などにお応えします。夜間・休日などご利用の薬局が閉まっている時間帯でも、薬についてのご相談などを承ります。
また、在宅での療養が必要になった患者さまに対しても実際に家や施設に出向き服薬の支援や薬学的な管理指導を行います。

オリジナルツール

かかりつけの患者さまの重複処方や残薬を確認するために日常的に服用している処方薬などを持ち歩けるオリジナルのバッグ、お薬手帳カバーを作りました。患者さまが携帯しやすい形やデザインなどを採用し好評をいただいております。